トップ  >  ものみの塔の『思慮深い奴隷』について

 

ものみの塔の『思慮深い奴隷』について

出典は新約聖書マタイの福音書24章45〜51のイエス・キリストのたとえ話の中の「忠実なしもべ」から来ている。

 

マタイの福音書

24:45 主人から、その家のしもべたちを任されて、食事時には彼らに食事をきちんと与えるような忠実な賢いしもべとは、いったいだれでしょう。

24:46 主人が帰って来たときに、そのようにしているのを見られるしもべは幸いです。

24:47 まことに、あなたがたに告げます。その主人は彼に自分の全財産を任せるようになります。

24:48 ところが、それが悪いしもべで、『主人はまだまだ帰るまい』と心の中で思い、

24:49 その仲間を打ちたたき、酒飲みたちと飲んだり食べたりし始めていると、

24:50 そのしもべの主人は、思いがけない日の思わぬ時間に帰って来ます。

24:51 そして、彼をきびしく罰して、その報いを偽善者たちと同じにするに違いありません。しもべはそこで泣いて歯ぎしりするのです。(新改訳聖書改訂第3版

 

(マタイ 24:45-51) 45 「主人が,時に応じてその召使いたちに食物を与えさせるため,彼らの上に任命した,忠実で思慮深い奴隷はいったいだれでしょうか。46 主人が到着して,そうしているところを見るならば,その奴隷は幸いです。47 あなた方に真実に言いますが,[主人]は彼を任命して自分のすべての持ち物をつかさどらせるでしょう。 48 「しかし,もしそのよこしまな奴隷が,心の中で,『わたしの主人は遅れている』と言い,49 仲間の奴隷たちをたたき始め,のんだくれたちと共に食べたり飲んだりするようなことがあるならば,50 その奴隷の主人は,彼の予期していない日,彼の知らない時刻に来て,51 最も厳しく彼を罰し,その受け分を偽善者たちと共にならせるでしょう。そこで[彼は]泣き悲しんだり歯ぎしりしたりするのです。(新世界訳聖書)

この聖書の箇所は、イエス・キリストが終わりについて話したたとえ話を集めたところです。イエス様は、私たちにここで終わりについてどんな注意すべきことを話しておられるでしょうか。

前半だけを読んで、忠実で思慮深い奴隷つまりエホバの証人の統治体のことを話しておられると読めるでしょうか。しかし読んでみれば、前半だけで終わっていません。

後半にはよこしまなしもべ(新世界訳聖書)のことも書かれています。ここも読まなければイエス様のことばを本当に読んだとはいえません。

私たちには、今この世で神様から任されているしもべたちがいるということではないでしょうか。そのしもべたちに対して食事の時にはきちんと食べさせ面倒を見ることが期待されているということです。

しかしもしそのことを忘れて心の中で,『わたしの主人は遅れている』と言い,49 仲間の奴隷たちをたたき始め,のんだくれたちと共に食べたり飲んだりするようなことがあるならばその奴隷の主人は,彼の予期していない日,彼の知らない時刻に来て,51 最も厳しく彼を罰し,その受け分を偽善者たちと共にならせるでしょう。そこで[彼は]泣き悲しんだり歯ぎしりしたりするのです。

そうです。イエス様のおっしゃりたかったことは、むしろ後半のよこしまなしもべにならないように、警告をされているのではないでしょうか。