トップ  >  「ものみの塔」のにせ予言集  >  ものみの塔のにせ予言2

ものみの塔のにせ予言は歴史的にはっきり証明されていることはにせ予言集でよーくお分かりいただけただろうと思います。


にせ予言は、まったく許せない詐欺行為といってよいでしょう。このことによって多くの人たちが迷惑をうけたわけです。


しかしこのことはもう終わったことだと言えることかもしれません。


しかし私たちが今でも許せないことがあります。今でもではない。いま彼らの預言によって大変な詐欺にあっていることを認識しなければならないのです。


それは、彼らの日常的な詐欺行為といってよいでしょう。


それは聖書の読み方、理解の仕方の誤導によって信者のキリストによる救いを阻んでいることです。


神の救いは、完全です。イエスキリストの救いは完全です。彼らJW統治体はイエスキリストの救いの完全さに対する不信をあおり、逆に自分たちものみの塔統治体に対する信頼を強めようとしているのです。


彼らの目的は、初めからそのことだということです。神の名前などと神に忠誠なふりをしていますが、彼らの事実は神から正当な権威を奪い自分たちものみの塔統治体がそれに代わることが彼らの目的なのです。


まさに彼らは偽善的な悪魔的組織なのだといわなければならないでしょう。


イエスキリストによらなければだれも救いは得られないとは聖書に特に新約聖書にははっきりと書かれていることです。


彼らはその聖書を無視して彼ら組織に従えと言っているのですから、その目的は明白でしょう。


彼ら組織に信頼を置いているエホバの証人たちはそのことをよく理解し、一刻も早くエホバの証人をやめることをお勧めします。