神(エホバ)は、イエスよりえらい?!

投稿日時 2017-07-09 15:59:58 | カテゴリ: メッセージ

ヨハネ14:28には、 『わたしは去って行き、また、あなたがたのところ来る』とわたしが言ったのを、あなたがたは聞きました。あなたがたは、もしわたしを愛しているなら、わたしが父のもとに行くことを喜ぶはずです。父はわたしよりも偉大な方だからです。』と書かれています。

エホバの証人は、「エホバはイエスより偉い」と繰り返す。そして「だからイエスよりエホバ神を信じる」と言います。

 確かに新約聖書ヨハネの福音書の14章28節には、『父はわたしよりも偉大な方だからです。』と書かれています。イエスが、父なる神をあんなによくご存じのイエスが、そう言っておられるのだから、確かにそうなのでしょう。イエスが生きておられたときに、イエスが言われたお言葉です。イエスは、人間としてこの世界に下られたのでした。そしてこのことばを発せられたときは、人間でした。天におられる父なる神は、全知全能のお方なのですから、当然、人間として来られたイエスよりも、もちろん偉大であったでしょう。

 しかし、でも父なる神は、イエスを、人間を救うためにこの世に送られたのでした。私たちが救われるためにはどうしたらよいでしょう。父なる神の方が偉大だから父なる神を信じるべきでしょうか。しかしこれは父とイエスとどちらが偉いか、偉大であるかとは関係がない。偉大な神が、罪ある人間を救うためにイエスをこの世に送られたのだ。そしてイエスはこの父なる神から人間を救うという使命を十字架上で果たされたのでした。

イエスは、ヨハネの福音書14章38節に
「わたしが天から下って来たのは、自分のこころを行うためではなく、わたしを遣わした方のみこころを行うためです。」と仰っています。イエスは父の命令によって天から下って来られたのでした。
また同40節には
「事実、わたしの父のみこころは、子を見て信じる者がみな永遠のいのちを持つことです。わたしはその人たちをひとりひとり終わりの日によみがえらせます。」とあって、イエスを信じる者は永遠のいのちをいただくことができるのが父なる神のみこころだと言っています。

 イエスも父なる神(エホバ)もその御心は一つであって、協力して罪ある人間を救うために働いてくださったのでした。私たちは父なる神のみこころを大事にしなくてはなりません。父なる神のみこころは、私たちがイエスを信じて父からの永遠のいのちをいただくことなのです。安心してイエス・キリストを信じることによって、神からの永遠のいのちをいただきましょう。




愛する人がエホバの証人に!!にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://masakane66.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://masakane66.com/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=191