メッセージ
メッセージ : フリージヤの奇跡
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2018-03-08 16:08:58 (211 ヒット)

去年の春ごろ、妻がスーパーからフリージヤの鉢を買ってきた。
フリージヤをご存じだろうか。葉は小さなアヤメのようにナイフの刃を重ねたようである。花は黄色い小さな花が1列になって咲く。その花はとても良い香りがするのである。小さな花は、マンションの小さな花壇を少しの間賑わせてくれた結構長持ちのする花であったが、2,3か月で枯れてしまった。その後そのような花の運命であるかのように枯れたまま、鉢の土もカラカラになって、花壇の隅に捨てられていた。私は秋に向かう頃、このままではこの花もあんまりひどいなと思い、小さな鉢を買い、球根になっていたこのフリージヤを並べて土をかけて植えてみた。その時は、まあ、ひとつでも葉っぱが出てくれば良いかなと思っていたのだ。
 しかし、秋を越え、冬もまだ終わりには程遠いときであった。その鉢からポツンと一つ、緑の芽が出て来た。 ああよかった。この花も死なずに生きていてくれた、花が終わったら知らぬ顔の冷たい買い主の仕打ちにもかかわらず、よく生きていてくれた、とおもった。しかし、驚きはそれでは終わらなかった。ひとつ芽が出たと思ってみていると、この花は次々と芽を出して、小さな鉢いっぱいに、植えたモノが全部芽を出したのだ。
「ああ、よかった」神はフリージヤを見捨てられなかった。いや、私を見捨てたまわなかったという感じである。

 それだけではない、芽が出て小さなナイフ状の葉が次々に出てきた。約10個くらいが小さな鉢に勢ぞろいをした。そしてそれぞれがそれなりに大きな葉を伸ばしてきた。
葉っぱが出ると次は花、いやつぼみである。
この花はいつごろ咲くのだろうか。まだ寒い冬の最中からつぼみへの期待が高まった。まったく人間とは、図々しいものである。葉っぱが出れば良いと思っていた私たちが今度はつぼみを期待している。
すると春も近いこのころにつぼみが見えた。
ナイフの刃が重なっているようなフリージヤの株からどのようにつぼみが出てくるのだろう。神の御業に対する期待が高まった。するとあるときその重なっている葉っぱの中心部分の上部の中心部分につぼみのような影が薄くポツポツと見えたのである。
ああ、ひょっとするとこれがつぼみかと思っていると、そのつぼみの影のようなものがナイフのような葉っぱの間から「私ですか」というように顔を出してきたのだ。
それから5,6株のフリージヤからそのように次々と顔を出したのである。そして間もなく最初から居たのだというようにつぼみは次々と大きくふくらんでもうすぐに黄色い花が咲こうとしている。ああ、神の御業の素晴らしさよ。私の胸は膨らんでいる。(終わり)


  • wwwe (2018-09-27 16:13:00)
  • wwwe (2018-09-27 16:12:53)
  • wwwe (2018-09-27 16:12:42)
  • wwwe (2018-09-27 16:12:29)
  • wwwe (2018-09-27 16:12:24)
  • wwwe (2018-09-27 16:12:17)
  • wwwe (2018-09-27 16:12:12)
  • wwwe (2018-09-27 16:12:07)
  • wwwe (2018-09-27 16:11:59)
  • wwwe (2018-09-27 16:11:54)
印刷用ページ