メッセージ
メッセージ : 聖書には真理が書かれている!
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2017-08-08 18:34:55 (63 ヒット)

前回、聖書の66の文書は同時並行的に読むことはできないと申し上げたつもりである。創世記に書かれていること、詩篇に書かれていること、イザヤ書に書かれていること、その他すべての文書は、それぞれの時に書かれもちろん神によって聖霊によって書かれたものだから真理であるが、時に応じて書かれたもので、当然ながら同じことが書かれているわけではない。神のご計画は進んでいるのだと思う。

聖書自身にもそのようなことがハッキリと書かれている。たとえばへブル人への手紙の冒頭を読んでみると、
「神は、むかし父祖たちに、預言者たちを通して、多くの部分に分け、またいろいろの方法で語られましたが、」と神の語られたようすが語られている。さらに「この終わりの時には、御子によって、私たちに語られました。」と、御子イエス・キリストが終わりの時に神の言葉を語られたことが言われている。
何故神はこのように多くの部分に分けたりいろいろの方法で語られなければならなかったのであろうか。もちろん神のみぞ知るであるが、その必要性があったからであろう。

 またイエス・キリストも弟子たちにそのように教えられた。ルカの福音書24章にはイエスが十字架にかかって死んだ後よみがえって二人の弟子と出会った話が書かれている。
二人の弟子は、イエスが十字架にかかって死なれたのち、がっかりしたようすで、二人でイエスの話しをしながらエマオというところに向かって歩いていた。するといつの間にかイエスご自身が一緒に歩いている。しかし弟子たちには、その人がイエスだとは分からない。しかし弟子たちの話を聞いてイエスは、「ああ、愚かな人たち! 預言者たちの言ったすべてを信じない、心の鈍い人たち。キリストは、必ず、そのような苦しみを受けて、それから彼の栄光に入るはずではなかったのですか。」と言って、イエスは、モーセおよびすべての預言者から始めて、聖書全体の中で、ご自分に書いてある事がらを彼らに説き明かされた。」
 と、ルカの福音書24章13節から終わりまでに書かれている。

旧約聖書(ヘブライ語聖書と言っても良い)は、いってみれば新約聖書イエス・キリストに至るまでの神の人間に対する救いの歴史である。聖書学者は、旧約聖書は新約を通して理解すべきだと言う。前述のルカの福音書のイエスの言葉によれば、旧約聖書はイエスについての預言と言ってもいいかもしれない。

 エホバの証人が言ってきたように、神の救いの光はますます明るくなって、イエスによって神の救いは完成されたと言えるのではないだろうか。
しかし、エホバの証人の言葉を聞いたり、ものみの塔を読んだりすると、なんということか、福音書からパウロの手紙、ヨハネの黙示録(啓示)へと進むかと思いきや、モーセに連れられたエジプト脱出のユダヤ民族のように、旧約聖書(ヘブライ語聖書)エゼキエルだったり、詩篇だったり、ウロウロとイエス・キリストの救いに入ろうとはしない。しかしモーセは、まちがいなく40年後には、目的地であるカナンの地にイスラエル民族を導いたのであった。

 彼ら統治体は、従順なエホバの証人をどこへ導こうとしているのか!
まさか、サタンも入るという底知れぬところ、燃え尽きない火の池へと案内するのではないだろう。しかし、偽預言者の系譜をひく統治体じしん、悔い改めなければ燃え続けている火の池へ投げ込まれることは間違いないであろう。

「また、獣の前でしるしを行い、それによって獣の刻印を受けた人々と獣の像を拝む人々とを惑わしたあの偽預言者も彼と一緒に捕えられた。そして、このふたりは、硫黄の燃えている火の池に、生きたままで投げ込まれた。(黙示録19:20)


印刷用ページ