メッセージ
メッセージ : JWの神のことばの改ざんについて
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2017-05-29 00:16:16 (135 ヒット)

神は、原始、ことばをもってこの世界を創られた。聖書創世記を始めから読んでみられるとすぐに分かる。創世記1:3 神は仰せられた「光があれ」すると光があった。
1:6神は仰せられた。「大空が水のただなかにあれ。水と水の間に区別があれ。」
と、神は6日間でことばによって、この世界をお創りになった。

 また、新約聖書(ギリシャ語聖書)にあってもそのようだ。ヨハネの福音書を見ると、
1章1節には、『初めにことばがあった。ことばは神と共にあった。ことばは、神であった』とある。この「ことば」はイエス・キリストのことである。イエスは、その存在が神のことばであり、また神なのであった。

 聖書は、神の言葉といわれているが、聖書が「ことば」をどれだけ大切にしているかハッキリと分かるであろう。しかしエホバの証人は、いや、統治体は、その神の言葉である聖書を237箇所も変更、訂正した。そして彼らの言うには、神の御名を復元したと。しかし彼らは神の言葉に対して明らかに反旗を翻したのである。

 すなわち神の呼び名またはイエスの呼び名である「主」を、彼らの専売特許であるエホバに変更したのだ。しかもどの部分を変更したかを聖書の付録に掲載しているのだ。これは、聖書が神の言葉とほんとうに言っているのなら、神に対する侮辱であると彼ら自身も考えるのが当然ではないか。もちろん我らもそう考える。まったく「聖書は神の言葉」と広言している団体のすることとは思えない。

 さらに聖書の最後の書黙示録(啓示)の最後の章を見ると、22章18節「私はこの書の預言のことばを聞くすべての者に証しする。もしこれに付け加える者があれば、神はこの書に書いてある災害をその人に加えられる。またこの預言の書のことばを少しでも取り除く者があれば、神はこの書に書いてあるいのちの木と聖なる都から、その人の受ける分を取り除かれる」と書かれている。このことばは、聖書の最後に書かれているので、この黙示録(啓示)についてだけではなく、この新旧約聖書のすべてについてのことばと言っても、間違っていないだろうと言われている。

 彼らエホバの証人はこの呪いをかけられているのである。


印刷用ページ