投稿者 : webmaster 投稿日時: 2017-11-18 10:43:21 (6 ヒット)

・旧約における血の問題
ただし肉は、そのいのちである血のままで食べてはならない。(創世記9:3、4)
JW統治体は、これらの記事から輸血は禁止すべきだと結論した。

しかし、この律法における「血」とは、羊など家畜の血である。だから、いつも食べる可能性のある家畜の肉に含まれている血を指して食べてはいけないと言ったので、人の血は初めから考慮に入れていなかったはずである。もちろん人の血を食べるという習慣はイスラエルに無いことは当然である。だから、「輸血」と律法の「血を食べてはならない」とは、関係がないはずなのだが、JW統治体はさらに、「食べる」ではなく血を体に取り入れると律法を捻じ曲げて、「輸血」を「血を食べること」と無理やり曲解して禁止するとした。だから聖書的には初めから輸血は律法とは関係がなかったのだ。

しかし、百歩譲って(本来ゆずってはいけないところであるが、)彼らが言うように、この禁止命令を輸血にも適用できるとして考えてみよう。実際に、JWはこの規定に縛られているのだから仕方がない。
創世記やレビ記の「血を食べてはならない」とは、現在にも適用しなければならないものだろうか。
その家畜の血は、なぜ食べてはいけないとされたのであろうか。創世記、レビ記において、神を礼拝する儀式に血によって清めることは普通であった。創世記、レビ記において、常に行われることであった。「肉の命は血にある」と言われ、いのちを創られたのは神であるので、礼拝場所を清めるためにその血を用いられたのだと思われる。そしてそのために血を用いるために、血を食べてはならないとされたのではないか。
しかし、イエス・キリストが十字架にかかられて真のきよめが行なわれたとき、家畜の血による清めは必要がなくなった。
・新約における血の問題
新約聖書にも、血に関する勧めが書かれている。そしてそれをJW統治体は、「血を食べてはならない」の根拠として用いている。
下記の新約聖書の記事を見てみよう。
また使徒の働き15:28の記事に「偶像に供えた物と、血と、絞め殺した物と、不品行とを避けることです」という命令、勧告がある。これは、使徒時代のエルサレム教会の中心人物主の兄弟ヤコブがエルサレム会議の結果をまとめたものであった。これは使徒の働き15章に書かれているとおり、異邦人のイエスを信じる人たちはモーセの律法を守らなければならないのだろうかという会議であった。
この問題の発端は、アンテオケ教会に来たユダヤ人信者が、「イエスを信じるだけではだめで、モーセの律法をも守らなければならない」と主張した点にあった。(使徒15章)パウロはイエス・キリストを信じて救われるためにはモーセの律法をも守らなければならないか。それはつまり、ただイエスを信じるだけの者たちを信者と認めるかということであった。議論は、大いに紛糾したようであった。
その結果、ペテロのコルネリオというローマの百人隊長の回心の実例などから、イエスを信じることで救われる。そして当然キリストの信者と認めることにした。しかし「モーセの律法は、昔から町ごとに宣べ伝える者たちがいて、安息日ごとに諸会堂で読まれている」(使徒15:21)ことから、その人たちを考慮して4つのことつまり「ただ、偶像に供えて汚れたものと、淫らな行いと、絞め殺したものと、血を避けるように彼らに書き送るべきです。(同20節)
 そのため、読めば分かるように、この「血を避けなさい」という命令、いや、勧告は、それを破ったら死ななければならないという命令では決してないのである。

ものみの塔JW統治体は、イエス・キリストの恵みを信じないで、なにか旧約の時代に帰ったもののようにこの中の勧めのひとつである「血を避けるように」を、あたかもこの「命令」を破ったら断ち切られるとした。この時点で彼らはイエス・キリストの恵みを無視して、神(エホバ)の命令に逆らう者となったと言えないだろうか。

「口に入る物は人を汚しません。しかし、口から出るもの、それが人を汚すのです。」(マタイ15:11)
イエスは言われた。「あなたがたもまだ分からないのですか。口から入る物はみな、腹に入り、排泄されて外に出されることが分からないのですか。」(マタイ15:16〜17)


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2017-11-04 21:13:07 (23 ヒット)

私は、輸血を拒否するという、死に至るものみの塔エホバの証人の教理に大きな疑問を感じたのと同時に、この大ちゃんのお父さんの取った行動にもなにかすっきりしないものが感じられた。なぜ自分でかわいい息子大ちゃんの治療について、この方が属していたという団体の長老に許可を受けなければならないのか。信仰とは、そのようなものなのだろうか。

ものみの塔エホバの証人という宗教団体は、聖書に従う宗教だと聞いていたが、この長老は聖書よりもえらいのだろうか。非常に単純で素朴な疑問であるかもしれない。しかしこの新聞記事を読んだり、たけしのテレビドラマを見たりするたびにその単純で素朴な疑問が、私のあたまをよぎった。輸血をするということに、そんなに神に逆らう要素があるのだろうかという疑問である。信仰とは、個人的なものという考えは間違いだったのだろうか。
その後、何年も経過するが、少し変更はあったけれど、その素朴な考えは変わっていないと思う。また彼らの輸血拒否の教義について聖書的根拠を探って、全くそのような教えは聖書に従っていないことを知ることができたのは幸いであったと思う。


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2017-11-02 21:03:55 (22 ヒット)

「ここで有名になったのは、エホバの証人という新興宗教の長老が輸血を許可しなかったことに対する賛否!?でした。」

と書いたが、実はこの事件で問題になったのは、この10歳の大ちゃんの臨終の際にもらした言葉であったと思う。死ぬ前に、大ちゃんが「生きたい」と言ったかどうかについてではなかったかと思う
 しかし私は、その事実があったかなかったかが問題かもしれないが、10歳の男の子がそう言っても言わなくても、神から授かった命を大切にしてあげるのは、両親として当然の務めであろう。

 大ちゃんの両親は、エホバの証人の研究生だということで、大ちゃんを助けたくて、彼らが属していたエホバの証人の会衆の長老に何度も何度も「よい」という答えがもらいたくて断られていたこと、それ以上の問題はないだろう。彼らの信じているエホバの証人の教理がそのようになっていることが、最も問題ではなかったのか。しかし、そのことはあまり問題にならなかったような気がするのは、非常に残念だった。

 最近でこそあまり問題にならないようだけれど、いまだにエホバの証人の輸血拒否の教理は続いている。あまり社会的問題にならないのは、「全血輸血はダメだが、部分輸血ならオーケー」というこの教理のごまかしによって、問題が先鋭化しないためだろう。また受け入れる医者の技術的な進歩もあるかもしれない。しかしそれにしても、彼らの輸血拒否の教理に対する恐怖は依然としてあるのだ。現実にエホバの証人は、この無法な教理によって交通事故やその他の事故を非常に恐怖しながら生活しているのである。(続く)

 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2017-11-01 11:59:01 (32 ヒット)

大ちゃん事件
この事件は神奈川県の片隅で10歳の男の子がダンプに曳かれた大事故に遭って出血多量でなくなったという事件でしたが、多分全国紙の大きな記事となって全国を揺るがせた大事件となりました。
1985年6月6日の午後4時35分、神奈川県川崎市高津区のJR久地(くじ)駅前交差点で交通事故が発生したとの119番通報が入りました。
これは、エホバの証人の危険さを日本全国に知らせた有名な事件となりました。その当時10歳の大ちゃんという少年が交通事故に遭ったのでした。両足をダンプカーにひかれるという大事故でした。病院に運ばれた大ちゃんは、出血多量で医師から輸血を勧められたのです。しかし大ちゃんの両親はエホバの証人の研究生でした。エホバの証人は、聖書から「血を食べてはならない」という禁止命令を重要視して、輸血することは、神エホバの命令違反であるとして教団が禁止していたのでした。
しかし、大ちゃんの怪我は両足骨折という大けがであり出血が多かったため病院の医師たちは両親に一刻も早い輸血を勧めたのでした。両親、特に父親はその輸血禁止であることを教団から聞いていたため、簡単に医師の勧告に従うことができません。しかし医師はそれも一刻を争う事態だと輸血を勧めます。父親は大ちゃんを助けたいのでその勧告に従おうとするのですが、エホバの団体からの禁止命令がある。ためにその長老に輸血の許可を願うのですが、長老は神の命令を無視しろとは言いません。医師の勧告を長老に何度も伝えて許しを請うのですが、エホバの証人の長老はあなたの信仰によると言って、良い返事を聞くことはできません。そうこうしているうちに、大ちゃんへの輸血の機会はなくなってしまい大ちゃんは回復不可能となってしまったのでした。
大ちゃんのお父さんが信じていたエホバの証人という宗教団体についても全国の関心事となりました。そしてルポライターの大泉実成氏の「説得」という実録や、ビートたけしがこの劇の大ちゃんのお父さん役をやったことでも有名となりました。
ここで有名になったのは、エホバの証人という新興宗教の長老が輸血を許可しなかったことに対する賛否!?でした。(続く)


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2017-10-19 10:15:23 (43 ヒット)

エホバの証人は、「私たちはエホバ(神)を信じているので、イエスも信じている」という。
しかし、エホバを信じることとイエスを信じることはまったく異なることに、彼らは気がつかない。しかし、彼らはそのことを無条件で信じて、エホバの証人であることに安心をしているようである。何故彼らはそのように信じているのか、聖書を普通に読んでいる私たちには非常に不思議である。

その点について、パウロ(イエス・キリストを信じる前は「サウロ」と呼ばれていたのでサウロとする)の信仰の移り変わりから、少し考えてみたい。
サウロはイエス・キリストに出会う前は、パリサイ人であった。それも他のパリサイ人に比較して聖書の律法の知識の点からまた信仰の深さの点からも群を抜いていた。これは推測でも何でもない。パウロ自身が手紙の中で書いていることだ。

そのときサウロはキリストを救い主と信じている人たち、もちろん使徒たちに対しても、何をしたか、聖書「使徒の働き」から見てみよう。 サウロは、初期教会の信仰の中心的人物であったステパノを石打刑にすることに賛成し(使徒の働き8:1)、石打をする人たちのために上着をあづかったりしているのだ。彼はそれだけキリストを迫害する人たちの信頼を受け、指導的立場にいたと言えるだろう。
 「さて、サウロはなおも主の弟子たちを脅かして殺害しようと息巻き、」と使徒9:1にあるように、彼は、このキリストを信じている人たちを迫害するために、70人議会に申し出て、これらの人たちを逮捕して罰を受けさせるために手下たちとともに先を急いだ。パウロはユダヤ人の中枢の人たちから、これはイエス・キリストを十字架に付けた人たちでもあったわけだが、捕縛する権限をあたえられて、エルサレムから遠く離れたダマスコにまで押しかけようとしたのだ。
「ところが、サウロが道を進んでダマスコの近くまで来たとき、突然、天からの光が彼の周りを照らした。」(使徒9:3)パウロは、ダマスコに近づいたその時、キリストに会ったのだ。多分彼は馬などに乗っていたのであろう。するとその時パウロの目の前に大きな光が輝いた。「彼は地に倒れて、自分に語りかける声を聞いた。「サウロ、サウロ、なぜわたしを迫害するのか。」彼が「主よ、あなたはどなたですか。」というと答えがあった。「わたしはあなたが迫害しているイエスである。」(使徒9:4〜5)馬と共に地面に倒れ伏したパウロにキリストの声が響いた。そしてパウロは、一時的に失明状態になって仲間の人たちに手を引いてもらいダマスコにたどり着いたのだ。その大きなショックの結果、パウロはキリストを救い主と受け入れるようになったのだ。
そしてパウロはそれらの時を思い出して自分は大悪人だと述懐している。

 パウロは、イエス・キリストを信じていなかったが、神(エホバ)を信じていた。

だから、エホバの証人は「私はエホバ神を信じているから、キリストを信じている。」と当然のように言うことはできない。エホバ神を信じることとイエス・キリストを信じることは違うことなのだ。エホバの証人は、そのことをはっきり認識して、イエス・キリストを信じなければならない。

 では、イエス・キリストを信じていたペテロやヨハネはどうであったか。ペテロやヨハネは、もともと神を信じる人たちであった。ペテロやヨハネは、神を信じていながら、イエスを信じることができた。これは、彼らには非常な幸運に恵まれたということであろう。しかし、彼らにしても、イエスは誰かということを完全に分かったのは多分イエスが十字架にかかられた後であったのではないだろうか。4つの福音書にはそのことが詳しく書かれているので是非読んでみていただきたい。

 そしてイエスがキリスト(メシア)であると信じた人は、その信仰によって救われるのだ。(この項終わり)


(1) 2 3 4 ... 37 »